top of page
  • 執筆者の写真CO KIW

令和4年度 防災訓練


 

株式会社久保田鐵工所は「創意工夫と和をもって社会に貢献できる企業を目指そう」を社是に掲げ、保有する塑性加工技術、機械加工技術、熱処理技術、樹脂成形技術、組立て技術などの基盤技術に加え、材料置換、電動化などの新技術にも積極的にチャレンジし、自動車の低燃費化、低コスト化に貢献します。

 
2018年7月7日 西日本豪雨災害で正門前に瀬野川のある久保田鐵工所も被災しました。
工場は土砂や泥水で浸水し、工場と瀬野川の間の正面道路は崩落しました。
工場復旧後は水害対策として工場をコンクリート壁で囲い、正門の壁位置を工場側へ移動し、被災時の緊急通路として確保しています。

令和4年度 防災訓練では、劣化しつつある土嚢袋を新しい土嚢袋に容れ直し、川沿いの土嚢の積み増しを行いました。土嚢の間から大きなムカデが出るというアクシデントがありましたが今回の防災訓練も無事終了しました。
二度と災害が起きないことを願います。








閲覧数:79回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page